國學院大學ギターアンサンブル

kgec.exblog.jp
ブログトップ

2010.12.15 フレマン活動報告

活動報告です。










b0169135_11193581.jpg

なんだか久しぶりに感じるフレマン練習。

土日でみんなで練習したからかな。

前半は基礎練習をしました。

基礎練習というか、ギター訓練とも言うべきスパルタ練習です。

右手imを早く動かす練習と、左手を早く動かす練習です。

三連譜でうって早く弾く練習です。

みんなヒーヒー言ってました。でもこれが余裕でできるように手を訓練しないといけません。

その後はアルペジオ練習、EFチェンジ。

最近弾き語りが2,3期で流行ってます。

みのっちが福山の曲をやりまくってます。

みのっちは先週「まだ弾きながら歌えません!」とかいってたけど

1週間後の今日、もうすでにできていました(笑)

すげぇ~!!やっぱ夢中になるとなんでもやっちゃうんですね!

みんなもやってみてください、楽しいですよ。



メールで「少しでも曲数をこなしてほしい」と言ったのは本当にそう思います。

曲数をかせぎたいけど、アンサンブルでやるとどうしても制約がでてきちゃうんで

個人レベルで、手軽に、しかも楽しくできるものといえば

やはり弾き語りが一番かなと思いました。

べつに歌わなくてもいいんです、コードを弾いてその曲の世界観を自分のギターで表現してみる、表現できちゃったときの楽しさといったら、もうたまりません。

自己満足でもいいので、多くの曲をやってください。

オレも高校のときのアンサンブル曲に加えて、マハラとやったデゥオの曲もいっぱいやったし

自分でレコーディングした曲もいっぱいやりました。

今まで経験してきた曲が、編曲や自分の演奏の肥やしになっています。

曲を多くこなせば、クラシックギターの特性がわかります。

あの曲では激しくやったから、激しく表現したときのクラシックギターの特性がわかります。繊細な楽器かと思えば、破壊力を持つ楽器でもあるということに気づきました。

あの曲では悲しくやったから、悲しく表現したときのクラシックギターの特性がわかります。破壊力を持つ楽器を持つ楽器かと思えば、孤独さえ表現できるんだなということに気づきます。

そのことに、曲を通して知るのです。

「クラシックギターの無限さと限界」を曲を通して知ってください。

今回の演奏会の3曲のみでは到底足りません。

だから、好きな曲を好きなようにやってください。ギターソロでもいいですよ。

ただし、本業のアンサンブル曲もがんばってくださいねー



そろそろみなさんも編曲を考える時期です。

そのときにも曲をこなした経験が役に立つはずです。



「曲を好きにやりまくれ」というのはメリットもありますが、デメリットもあります。

それはたぶん半年後くらいにわかると思います、身をもって。

ギターだけではない、人間が集まるサークルというのはどれだけ難しいか、わかると思います。

どうなるかわかりませんが(ω)



本番まで残りわずかです。がんばりませう。

(ω)ノ

=トヨ=
[PR]
by kgec | 2010-12-16 11:37 | 活動報告

2009年2月9日 國學院大學ギターアンサンブル復活


by kgec