國學院大學ギターアンサンブル

kgec.exblog.jp
ブログトップ

後世へ〜ブログで残していくもの〜


後世へ

國學院大學ギターアンサンブルには、このブログで毎回の活動を記録しています。
ブログには、どんなことを書き、どんなことを残していくのか?
ブログで書くべき内容を説明します。



まず、このブログは、活動記録としての役割を果たします。
後輩たちが、去年の今頃は、どんなことをしていたのだろうと振り返ることができます。
去年と比べて遅れてるのか、進んでるのかなど、目安をたてることができます。
また、新入生の成長記録としての役割も果たします。
ギター部に入部してくれた、新入生が12月の定期演奏会で初めて舞台で演奏できるようになるまでの、努力、熱意、友情などを記していって下さい。1年生指導の仲間が、去年はこの時期どんな練習をしてたのだろうと振り返ることができます。
そのことを忘れずに、ブログを書いてください。

書く内容ですが、
1.最初に参加者の名前を書きます。
必ず書いて下さい。3年生、2年生、1年生、コーチ、OBOGの順番で書いて下さい。

2.おおまかな1日の流れを書く。
その日練習した内容を大まかに書きます。
今日は、〜や〜をした一日でした。
一年生が〜人見学に来てくれました。
OBの3期しもんさんが来てくれました。
みたいな感じで、最初にざっと一日の流れを書きます。

2.レギュラーフレマンそれぞれしたことを書く
レギュラーでは、その日に練習した内容を書きます。
例えば、今日は007のテーマに入りました。
まだ、最初の部分だけで、サビには入ってません。
苦戦してるようです。何人かは指が動いてないので、基礎練習にこの曲のフレーズを取り入れていく必要があるように感じました。
などのように書いていきます。
きちんと具体的に中身を書いて下さい。今日は~しました。ここまで進みました。
では、意味がありません。今日は~をして、部員の様子はどうだった。この部分に苦戦してる。この部分は、基礎練習もっとするべき。結局~や~があったので今日はここまでだった。何回くらい合わせた。
のように、部員の様子や雰囲気も合わせながら、これからの課題を見つけながら書いて下さい。

レギュラーの後フレマンを書きます。別にフレマンから書いてレギュラーでも構いません。
フレマンは、ギターを触ったことのない状態の人がほとんどです。
そこで、基礎練習を徹底的に行います。基礎練習は、色々なことをします。
右手作り、フレットの上がり下がり、フレット移動、半音階、音階、コード、アルペジオ、ラス、トレモロなど、沢山あります。
一回一回やったことを記録します。そして、フレマンがどんなことを学んだか、どんなことに苦戦してるのか、例えば指が動いてない、imが二度弾き、手が寝てるなどなどを書き、これからの課題を書きます。しっかりと、内容と雰囲気、課題を見て下さい。それをブログに残して下さい。

4.レギュラーフレマンに共通することを書く。
例えば、演奏会前で一緒に曲を弾く時や、舞台に移動して練習する時などの内容を書きます。
講堂で、練習をし、フレマンも一緒に弾きました。全体で弾くと、まだまだ音質が綺麗ではなく、音量も足りないので、日頃から爪磨いて、大きな音で練習しましょう。みたいな感じです。

5.まとめ
最後にまとめです。一日を振り返って全体的な総括をします。
遅刻が多かったことや、爪磨いてない人がいたことなど、全体の風紀の乱れや個人の意識の足りなさなどもあれば書き、ブログを見た現役が気をつけなきゃという思いを持つようにします。
そして、最後に書いた人の名前を書いて終わりです。

長くなりましたが、ブログは5分や10分で書くものではありません。
練習を振り返り、先に述べたことをしっかり書いて下さい。
また、ギター部は、練習内容、練習量などからして部活です。昔とは違います。関東学生ギター連盟にも復活しました。
今日のサークルは、~をしました。と書くのではなく、ギター部は、日々成長しています。などのように書く方がこれからの体制にはぴったりです。
また、写真をその都度入れて下さい。
どんな感じでいれてくかは、過去のブログを振り返ってみて下さい。
また、メンバーが確定したら、メンバー紹介に書いて下さい。

以上のようなことを踏まえて、ブログを書くようにして下さい。
OBOGの方やブログを見て下さってる方は、毎回の更新を楽しみにしています。
とめることのないよう、気をつけましょう。
ギター部の活躍を色々な人に見てもらい、知ってもらえるのも、ブログの良さです。
國學院大學ギターアンサンブルをどんどん発信していきましょう!

新3期部長 しもん
[PR]
by kgec | 2013-02-22 10:17 | 全体報告

2009年2月9日 國學院大學ギターアンサンブル復活


by kgec